富士山登山 5

5. 人の多さと外人のタフさに驚いた
 富士山登山の時期は、梅雨明けから盆前後に集中するそうです。中でも、その週末のしかも、ご来光を拝む午前4時50分ぐらいを目指すので、その前後の時間帯に登山者が集中します。案の定、9合目ぐらいからは登山者の渋滞が続き、早く登りたいのに登れない状況でした。あまりにも多い人の列に正直驚きました。

 もう一つは、外人の多さにも驚きました。外国から見ると富士山は日本の象徴なんですね。しかも、外人の多くは短パンにTシャツ姿、なんとも軽装なのです。山頂の温度は8度で今回は暖かい方だとのことでしたが、うちの息子なんかはジャンパーの上にカッパを二重に着せても、寒くてがたがた震えている状態だったのですが、外人は平気なのでしょうね。下りも日本人はヘロヘロになっているのに、外人は鼻歌交じりで降りてくる。一体どんな体力をしているんだろうと、そのタフさにも驚きました。やっぱり体つきも違うけれど人種の違いというのは、大きいもんだと変なところに感心したりしました。

6. お手洗いは有料
 お手洗いの前に、人が立っていて100〜200円程度の料金を徴収している。清掃と管理費なので、考えてみると当たり前なのですけれど、初めてだったので驚きました。それにしても、くさかったなー。
f0053254_9575483.jpg

[PR]
by humanforest | 2006-08-16 09:56 | チャレンジ
<< 富士山登山 最終 富士山登山 4 (始めて知った... >>