富士山登山 3

f0053254_7243076.jpg

3. ウサギと亀の話(富士山登山のこつが分かった)
 この度、白石さんという登山ガイドさんが同行してくださいました。白石さんから、
「ゆっくりと休憩をとりながら歩いていきますので、絶対に私を追い抜かないようにお願いします」
と注意事項がありました。

f0053254_1010972.jpg
 そして、上能先生の掛け声「登るぞー!」、続いて全員が「富士山!」と叫ぶ。次に「目指すぞ!」という掛け声に全員が「頂上!」と大きな声で気合を入れて出発しました。特に気合満々の私は、ガイドさんの次が上能先生そして、その後に続き意気揚々と歩き始めました。

 ところが、あまりにテンポがゆっくりなので調子抜けしてしまいました。私は、もともと歩くのが早いだけでなく、性格的に何でもすぐにやりたい、早くやりたいというせっかちなタイプなので、すこしイライラしていました。でも、後々これが体調を崩さずに山頂まで登りきるための、最も初歩的でかつ素晴らしいこつだと分かるのですが・・・。

 大体、なんにでもすぐ必死になるという私の性格はいいのですが、逆に経験も能力もないのにすぐにプロのような人と同じことをしたがる悪い癖がありまして、途中でえらい目に合うこともしばしばなのです・・・。でも、今回は登山ガイドの白石さんが牛歩のようにゆっくりと進むので、ただそれに従っているうちに案外簡単に登れてしまいました。

 まず、第一に小さな歩幅でゆっくりと登ってくれたこと。
 第二に、全員のバランスを考えて一定の速度で歩き続けるというペースメーカーとなってくれたこと。
 第三に、適度に休憩を入れてくれたこと。第四に、できるだけ高い段差を避けて低い段差を択んで負担を軽くしてくれたことなど。これは非常によい勉強になりました。

 私は、精神力でどんなに苦しくてもやり通せるものだと考えているので、少々の苦しさも気合でなんとかなるさと思っているのですが、今回ガイドさんがペースメーカーとして、バランスをしっかり取ってくれたことは、本当によい経験になりました。

 やっぱり、急がば回れという「ウサギとカメ」の話は確かだと納得しました。人生もまったく同じですよね。
[PR]
by humanforest | 2006-08-14 07:24 | チャレンジ
<< 富士山登山 4 (始めて知った... 富士山登山 2 >>